2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月21日 (日)

オンライン書店 e-honで本を買ってみました

e-honで本を購入して、書店で受け取ってみました。

e-honとは、株式会社トーハン(出版取次:出版社と書店の間を繋ぐ流通業者)が運営する、オンライン書店ですが、注文した商品を書店の店頭で受け取れるという特徴があります。

また、書籍だけでなく、CD、DVD、Blue-Rayなどのコンテンツも扱っています。

送料は、書店受け取りの場合は、送料無料になり、宅配の場合は、税込みの注文金額が2,000円以上の場合は、無料になります。
(2,000円未満の場合は、350円の送料となります) ※2018年10月21日時点

そして、My書店を選択しますが、このMy書店に指定された、書店に売り上げが入る仕組みになっていますので、宅配だけになってしまいますが、故郷の書店をMy書店にして、売上に貢献するということもできます。

e-honのページはこちら
https://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top

1.まず、会員登録します。

(1)トップ―ページの「会員登録」ボタンをクリックします。
A018_1

(2)会員情報を入力します
A019_1

  ※My書店を選択するというのが、他のオンライン書店と違う箇所です。注文時に、決めることもできますし、後から変更することもできます。

※住所、クレジットカード等の情報は、商品を宅配で選択した場合に、入力欄が出てきます。書店受け取りの場合は、特に入力はありません。

(3)利用規約を確認して、「上記の利用規約に同意いただける場合は、チェックをしてください。」にチェックして、確認画面に進みます。
A020_1_2

(4)確認画面で、登録内容を確認して
A020_2_2


これで、会員情報の登録完了です。


2.e-honで注文(書店受け取りの場合)
(1)ログインすると、画面上部に、ログイン者名と、My書店の情報が出ます。
A021_1

(2)購入したい本を選択して、カートに入れます。

A022_1


(3)注文画面に進みます。今回は、書店受け取りを選択して、書店で受け取ります。
A023_1_2



A024_1

A025_1_2

2.注文確定後、注文確認のメールが届きます。

3.出荷されると、書店到着予定日が記載されたメールが届きますので、その日以降(7日以内)に書店に、商品を受け取りにいきます。そのとき、このメールを印刷するか、注文番号を控えて持っていくかしていきます。

4.書店には、このような丈夫な袋で届いており、中を開けることなく、精算をしてもらえます。(三省堂書店 新横浜店の場合ですので、他の書店では、どのような対応になるかは、分かりません)
A026

2018年10月18日 (木)

「国民の神話 日本人の源流を訪ねて」 日本神話を知るための一冊

 正月には「神社に初詣」をする。自宅には、神棚があり、「崇敬神社」「天照皇大神宮」「氏神神社」のお札を祀る。ということをしても、八百万の神の物語、古事記(日本神話)の内容を知る機会は、戦後教育を受けた日本人は、なかなか少ないかと思います。(占領軍(GHQ)が神話教育を禁止したため)

私も、祖母から「オオクニヌシノミコトが白兎を助ける物語」を聞いても、いまいちイメージが掴めなかったです。

「日本神話とはどのような物語なのか?」とふと疑問に思ったときに見つけた本が、「国民の神話 日本人の源流を訪ねて」(産経新聞社 著 ISBN 978-4-8191-1241-3)でした。

感想(書評)としては、とても読みやすく、国作りから天孫降臨、神武天皇、ヤマトタケル・・・へと、神々の物語がとても分かりやすく、読みやすくまとめられているかと思います。

先日、出雲地方に旅行するまえ前に、改めて読み直してから、行ってみました。(日本神話の1/3は、出雲が舞台)そのためより、深く出雲の旅を楽しめたように思います。

945
(出雲大社)

980
(ヤマタノオロチのモデルとなった斐伊川 木次線の「奥出雲おろち号」より)

その島根旅行の内容はこちら(5記事続きます)

2018年10月 3日 (水)

本屋さんにもエコバッグを持って行こう

A0019

先日、駅前の小さな本屋さんで、時刻表を1冊、買いました。

店のお姉さん(年上の女性は、お姉さん)が、ビニール袋に入れようとしていたのですが、ちょうど空のエコバッグと空のビニール袋を持っていたので、「エコバッグに入れて持って帰りますよ。」と伝えました。

そうすると、店のお姉さんは、「薄利な商売だから、経費削減になって助かりますよ」と言われて、感謝されました。

今度から書店に行く際は、ビニール袋(雨対策)とナップサックやエコバッグなど、運べるものを極力持って行こうと思いました。

書店ですと、袋に入れてもらうのが、当然のサービスのようになっていますが、スーパーのように有料化するなど、できないものでしょうか?

この頃は、有隣堂や三省堂書店等で、雑貨の販売がされていますので、本用のエコバッグを売ってもらうととてもありがたいです。
(ちょっと高くて、おしゃれなものでもいいので)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »