2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« はんぺんのバター焼き | トップページ | ゆで卵 簡単に殻をむく「ゆで方」 »

2019年1月12日 (土)

システム運用に関する、取引先との「おつきあい」で、個人商店を見習うべき3つのもの

先日、得意先の担当者から「御社の営業から年末の挨拶も、年賀状もないよ」と言われてしまい、平謝りしておきました。

私の家では、「個人商店」とのつきあいが多く、中には50年来というお店もあったりします。

上司は、「チームで動けるように標準化しないとダメだ!」と言っておりましたが、個人商店の方が、弊社よりもはるかに顧客満足度が高いのではないかと思うことを書いてみようと思います。

上司の「誰かが抜けてもチームで穴埋めできるように、標準化したい」という気持ちはわかります。
しかし、社内SEになった知り合いと話したとき、「ベンダーの評価も結局は、担当者の対応の良さだったりするんですよ、担当変わって対応悪くなったら、他社に切り替えましたし」という話も聞いています。

1.高いものを勧めない
よく上司から「少しでも高く、客から金をとれ」と怒られます。しかし、付き合いのある街の電気屋さん(パナソニックのお店)では、高いものを勧めてきません。

「あんまり高機能でも、高齢者(家族にいる)には使い勝手悪いし、そこそこの機能がついている安い方をすすめますよ」と表向き商売気がありません。

しかし、こういう対応をされると客としては「家の事情を考えてくれているんだ」と思い、また「10%ポイント還元」のどこぞの家電量販店でなく、このお店で買おうという気持ちになるものです。

2.常連になると覚えてもらえるのは気分がいいもの
近所のたこ焼き屋さんに月2回ぐらいの頻度で買いに行っていたら店の人に憶えてもらえたらしく「にーちゃん、マヨネーズはかけなくていいんだよね」と言われるようになりました。
やっぱり、店の人に憶えてもらえるとうれしいものです。

私も取引先の業務を記録しておいて担当者に「御社はこの時期、特別処理が入りますね、準備大丈夫ですか?」等とマネをしております。

3.特に仕事をお願いしていなくても定期的に来てくれる
家を建てて以来、付き合いのある大工さんは、工事をしていなくても、毎年最低1回は挨拶に来てくれます。こうしてもらうと、修理や家に関する相談の時に、この大工さんにお願いしたくなります。

昨年も、「雨どいが多少ずれた」のを直してもらうという、簡単な工事しかお願いしていないのに、タオルと写真付きの高そうなカレンダーをもってあいさつに来てもらいました。

それに比べて、毎月10万円ぐらいの保守費用をもらっているのに、定期的に電話もしないし、挨拶に行かない営業は何様だよと思います。(私は、遠方の取引先にも定期的に電話をして挨拶他をしています)

« はんぺんのバター焼き | トップページ | ゆで卵 簡単に殻をむく「ゆで方」 »

システム開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はんぺんのバター焼き | トップページ | ゆで卵 簡単に殻をむく「ゆで方」 »