« 年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ②所得控除の額の合計額について | トップページ | 味が良く染みた鶏の唐揚げの作り方(レシピ) »

2019年1月17日 (木)

「ライト、ついてますか―問題発見の人間学」の感想・書評

「ライト、ついてますか―問題発見の人間学」ドナルド・C・ゴース (著)  G.M.ワインバーグ (著) 木村 泉 (翻訳) (共立出版 ISBN 978-4-320-02368-0)を久々に読んでみました。

問題の解が書いてあるのではなく、「問題の発見」について書いてある書籍になります。

コンサルタントやシステムエンジニア(SE)のような、「問題を発見」して「解決策」を探すような職種の人は、読む必要があると言われている本です。

(どのような職種の人も「問題を発見して、解決策を探す」ということはしますので、読む価値は十分にあるかと思います。)

問題の発見についても、たとえ話(高層ビルのエレベータが遅い問題やトンネルでのヘッドライト点灯の注意看板など)から教訓を結びつけるという書き方をしていて、分かりやすいです。やや、文章がまわりくどく、分かりづらい「問題」があり、何度か読むと良いのかと思います。

« 年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ②所得控除の額の合計額について | トップページ | 味が良く染みた鶏の唐揚げの作り方(レシピ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

システム開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ②所得控除の額の合計額について | トップページ | 味が良く染みた鶏の唐揚げの作り方(レシピ) »