« ゆで卵 簡単に殻をむく「ゆで方」 | トップページ | 年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ②所得控除の額の合計額について »

2019年1月15日 (火)

年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ①年間の支払金額から、控除額合計を引いて、源泉所得税額を求める

会社に勤務していると年末調整があり、お金が還付されてラッキーと思ったり、残念ながら徴収されたりと一喜一憂することになるかと思います。

それと同時に、「源泉徴収票」なる用紙を会社からもらうと思いますが、何のことやらさっぱり分からないという人が多いと聞きます。


ちなみに還付や徴収は、年末調整の計算した結果算出された、源泉所得税額と1年間の給与賞与で徴収された所得税額の差額です。多く徴収されていたら還付されて、少なかったら徴収されます。

所得税計算に関連する箇所については、まとめておきます。(銃たる給与の場合とか、摘要欄の記載については、あえて省きました)

年間の所得税の帳尻を合わせただけですので、別にラッキーだったり、残念だったりということはありません。

A0024_1

①支払金額
 その年に支給された金額の合計です。前職の源泉徴収票を提出している場合、合算されます。 (通勤費などの非課税項目を除く)

②給与所得控除後の金額
 ①の支払金額から「給与所得控除(各個人の経費分)」を差し引くことした額です。
 この金額は、国税庁が公開している「年末調整のしかた」の後半に表が載っています。

③所得控除の額の合計額
 下記の控除額の合計になります。

  1. 基礎控除(本人の控除額)
  2. 配偶者(特別)控除
  3. 扶養控除額
  4. 障害者控除
  5. 社会保険料の控除額
  6. 生命保険料の控除額
  7. 地震保険料(旧長期損害保険料含む)

 これらについては、[年末調整 源泉徴収票の見方 ②所得控除の額の合計額について]の記事を参照してください。

④源泉徴収税額
 課税給与所得金額=②-③

 算出所得税額=課税給与所得金額(1,000円未満切り捨て)×税率-控除額
 ※税率と控除額は課税給与所得金額を下記表に当てはめて決定します。

 
課税給与所得額 税率(%) 控除額(円)
1,950,000円以下 5       ー
1,950,000円超~3,300,000円以下 10 97,500
3,300,000円超~6,950,000円以下 20 427,500
6,950,000円超~9,000,000円以下 23 636,000
9,000,000円超~17,420,000円以下 33 1,536,000

 年調年税額= 算出所得税額 - 住宅借入金等特別控除額
 ※住宅借入金等特別控除額は算出所得税額が限度となります

 源泉徴収税額 = 年調年税額×102.1%(100円未満切り捨て)

« ゆで卵 簡単に殻をむく「ゆで方」 | トップページ | 年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ②所得控除の額の合計額について »

人事・給与・勤怠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆで卵 簡単に殻をむく「ゆで方」 | トップページ | 年末調整 源泉徴収票の見方(2018(平成30)年) ②所得控除の額の合計額について »