2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月26日 (火)

「まぐろの柵」を塩締めしてみる

まぐろの柵を塩締めして、刺身にした例。食べてみるとやや塩味であるが、余計な水気は抜けている

知り合いに教えてもらった方法で、「まぐろの柵」を塩締めしてみました。


生協(ユーコープ)の店で半額で買ってきた、まぐろの柵
これが、半額シールにつられて、生協(ユーコープ)で買ってきた「まぐろの柵」です。消費期限ぎりぎりでした。


まぐろの柵に塩をかける。
1.塩を柵の周りに塩をかけます。塩は、まんべんなくかけます。

2.15分~20分程度、冷蔵庫に入れておきます。

塩をかけてから、15分~20分程度冷蔵庫に入れていたまぐろの柵。水が出ている
3.水分が出てきています。

4.柵を水洗いして、周りの塩分を洗い流します。

5.これを切って、まぐろの刺身の完成です。

感想としましては、柵を切るとき、塩締めしない場合、やや柔らかい感じで端のあたりだと切りにくいのですが、塩占めすると、しっかりしていて切りやすかったです。

味は、刺身がやや塩味になるので、醤油は少しつけるぐらいでも良さそうです。

2019年2月19日 (火)

味が良く染みた 厚揚げの煮物(甘め)

甘めの味付けで、良く味が染みている厚揚げの煮物

油抜きと、おとし蓋で味が良く染み込ませた、厚揚げの煮物です。
味は、甘めです。

材料
厚揚げ(1枚190g)2枚

1回目味付け時
・水    200cc
・だしの素 小さじ 1杯
・みりん  中さじ 3~4杯
・日本酒  中さじ 3~4杯
・ざらめ  中さじ 大もり1杯
・砂糖   中さじ 山盛りにならない程度に1杯

2回目味付け時
・しょうゆ 中さじ 3~4杯
・昆布つゆ 中さじ 3~4杯

1.鍋に水を入れて、沸騰させてから、厚揚げを入れて、3分煮込む
厚揚げの油抜き。これをやると味が良く染みる

2.厚揚げをざるにあげて、水気を切る

3.厚揚げを切って、鍋に並べる。※できるだけ味が染みるように細かく切る
厚揚げを鍋に入れ、調味料をいれた状態

4.鍋に「1回目味付け時」の水・調味料を入れて、7分煮る。煮るときに、落し蓋をする。
厚揚げに味が良く染みるように、落とし蓋をする

5.7分経ったところで、「2回目味付け時」の調味料を入れて、更に煮込む。

6.汁が無くなったら、火を止めて5分待ってから、鍋から取り出す。
 ※おとし蓋をしているので、5の手順が済んでからは、こまめに、おとし蓋をずらして、確認しないと焦げてしまいます。

2019年2月10日 (日)

D・カーネギー「道は開ける」の感想(書評)とまとめ

D・カーネギー「人を動かす」の創元社の文庫版(ISBN978-4-422-10099-9)を読み終わりました。

病気、仕事、家庭等、様々な面で、悩みを抱えるものですが、そのような悩みに対して、どのように対処したかをまとめたものになっています。

私自身、今大きな悩みを仕事、病気、家庭で大きな悩みを抱えている状態ですが、読んでみると気持ちが楽になりました。

いくつか、心がけたいことや、印象に残ったものを要約してまとめますが、人それぞれ悩みは違いますので、読んでみて自分の悩みにあったものを探してみたらよいかと思います。

  1. 過去や未来に思い悩まず、今日を精一杯に生きる。
  2. 悩みを解決する方法は、「1.最悪の事態を想定する」「2.場合によっては、最悪の事態を受け入れる」「落ち着いて最悪の事態を好転するように努力する」
  3. 悩みから精神病になり、やがて身体的な病気も引き起こす。(病は気から)
  4. 悩みを抱えた場合、悩みを忘れるように何かに没頭する
  5. 小事にこだわるには、人生はあまりにも短い
  6. 不安に思うことの起こりえる確率を計算すると、ほとんど起こらないものだ
  7. 行動と感情は同時に働くものだから、行動を楽しいように振舞えば、楽しくなる
  8. 仕返しをしようとしても、相手を傷つけるよりも、自分が傷つく。嫌いな人のことなど考えない方が良い。(人を呪わば穴二つ)
  9. 人からの感謝は求めず、与える喜びを持つようにする
  10. 他人の真似をせず、自己発見をして、自己に徹する
  11. 祈ることで、悩みを具体的にまとめることができる。神には、いつでも悩みを訴えることができる。祈るということは、積極的に行動する第一歩になる。(神と書いていますが、キリストでも、アラーでも、仏でも、八百万の神でも何でも良いとのこと、また信仰を強制するものでもないです)

2019年2月 4日 (月)

マカロニグラタン(ホワイトソースはバター・牛乳・小麦粉のみ)のレシピ

牛乳、バター、小麦粉のみで作ったホワイトソースで作ったマカロニグラタン

我が家で作られてきた、マカロニグラタンの作り方です。20年近く作っていなかったので、作り方が分からなくなってロストテクノロジーと化していましたが、数回の試行の末、作り方を再現できたので、再び分からなくならないように自分のためにもまとめておきます。

特徴は、ホワイトソースがバター・牛乳・小麦粉と塩少々のみで、作るため、材料が比較的簡単にそろいます。味は、素朴な味わいかと思います。

材料(2人分~3人分)
マカロニ 50g
パン粉(細目)   小さじ3杯

ホワイトソース(牛乳、バター、小麦粉のみ)
・小麦粉 60g
・バター 60g
・牛乳    500cc
・塩   少将(3つかみ程度)

※材料ではないですが、皿に塗るための「サラダ油」と食べる前の「ソース」も準備が必要です。

1.マカロニの茹で方

1.マカロニを鍋で茹でます。茹で方は、購入したマカロニの方法に沿ります。

2.茹でている間、鍋の底にマカロニがついてしまうことがあるので、箸などで、かき混ぜます。

3.所定の茹で時間になったら、ざるに出して湯を切ります。

2.ホワイトソースの作りかた

1.鍋にバターを入れて、中火にかけておおよそ溶かします。
ホワイトソースの作り方。バターを鍋に入れ、熱して溶かす

2.小麦粉を入れて、溶けたバターと混ぜて小麦粉を炒めます。
ホワイトソースの作り方。溶けたバターに、小麦粉を入れて炒める。

3.バターと小麦粉が混ざったら、牛乳を加えていきます。まず400cc入れて、だまにならないように、「しゃもじ」で混ぜていきます。
ホワイトソースの作り方。牛乳を加える

4.混ぜていくうちに、とろみがついて固くなってくるので、牛乳を100cc加えて、混ぜて、とろみがついて、かつ柔らかくなったら(マカロニを和えられそうなぐらい)完成です。

4.マカロニグラタンをつくる

1.ホワイトソースを作った鍋に、茹でたマカロニを入れて、和えます。
ホワイトソースに、マカロニを加えて、和える。

2.マカロニを盛る皿にキッチンペーパーに染みさせたサラダ油を塗ります。

2.1のマカロニを皿に盛って、パン粉を小さじ1杯から1.5杯程度振りかけます。
マカロニを皿に盛り、パン粉を振りかける。

3.電子レンジ(500W)のトースター機能で、8分程度焼きます。焼けたら、食べる前にソースをかけます。
 ※オーブンなどがあれば、そちらで焼いた方が、焼き目がついたりしておいしいかと思います。(焼き時間は、使用する機器によって変わるかと思います)

2019年2月 2日 (土)

そろばんのお手入れ(掃除)方法 日頃~古いそろばんまで

A0032_5

「そろばん」は、小学校の頃に習って3級(全珠連)までとりました。その後、しばらく「そろばん」を使う機会が無かったのですが、島根県奥出雲町を旅行した際に、「雲州そろばん」を買ったり、家計簿をつけるために使い始めたりしたため、また使い始めました。

そんな中、そろばんのお手入れ(掃除)方法について、そろばん塾で聞いた内容と我流ですが、まとめます。

日頃、「そろばん」を使われている方や、お子さんの小学校での授業で使うために、昔使っていて埃まみれになった「古いそろばん」を復活させたい方の参考になればと思います。

1.日頃のお手入れ方

(1)使った後に、柔らかい布やマイクロファイバークロスで珠と珠の間をふき取ります。どちらも100円ショップ等で購入できます。※マイクロファイバークロスはお肌が敏感な方は、肌荒れ防止のため手袋をした方が良さそうです。
A0032_1

2.珠の動きが悪くなったとき

(1)珠を通している串の部分を、毛にコシのある柔らかいブラシで、こすります。
A0032_2
(私が使うのはこんなブラシ)

(2)柔らかい布やマイクロファイバークロスで珠と珠の間をふき取ります。(日頃のお手入れ方法と同じ)

3.埃まみれになった場合

(1)埃をカメラ用のブロアーで吹き飛ばします。
A0032_4
(写真用ブロアー)

A0032_3
(ほこりを吹き飛ばす)

(2)細かい部分に付着した汚れは、綿棒で拭き取ります。
A0033_6

 以下は、2の手順と同じですが
(3)珠を通している串の部分を毛がコシのある柔らかいブラシで、こすります。

(4)柔らかい布やマイクロファイバークロスで珠と珠の間をふき取ります。

4.ワンタッチそろばんの可動分の掃除

ボタンが付いていて、ワンタッチでご破算できるような「そろばん」の可動分に埃が付着している場合、綿棒で可動分の汚れを拭き取ります。
A0032_5
(ワンタッチそろばん)

2019年2月 1日 (金)

格安 キャベツとニンジンともやしの炒め物 レシピ

ニンジンとキャベツが微妙に残っており、何とか料理しないと、腐ってしまいそうでしたので、「もやし」を買ってきて、格安な炒め物を作りました。(2人分)
A0031_1

多分、全部合わせても材料費が2人分で100円を切る格安料理です。

材料
キャベツ…中心部に近い細かい葉(7~8枚程度?適当)
ニンジン…1/2
もやし…1袋(200g)
卵…1個
ごま油…大さじ1(フライパンにひける程度)

調味料
・塩…少々(手で軽く持って、3回かける程度)
・コショウ…少々(3~4振り程度)
・昆布つゆ…大さじ2.5杯

作り方
1.キャベツとニンジン、もやしを水洗いします。

2.ニンジンは千切りにします。

3.キャベツは、大きめに切ります。
A0031_2

4.フライパンにごま油をひいて、熱くなってきたらニンジンを炒めます。
A0031_4

5.ニンジンが柔らかくなってきたら、もやしとキャベツを炒めます。

6.もやしとキャベツが、多少柔らかくなってきたら、調味料を入れて混ぜます。

7.全体に調味料が混ざったら、溶いた卵を入れて、混ぜます。卵が固まったら、完成です。
A0031_5

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »