2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 味が良く染みた 厚揚げの煮物(甘め) | トップページ | 「システム開発のための見積りのすべてが分かる本」を読んでみた、感想・書評 »

2019年2月26日 (火)

「まぐろの柵」を塩締めしてみる

まぐろの柵を塩締めして、刺身にした例。食べてみるとやや塩味であるが、余計な水気は抜けている

知り合いに教えてもらった方法で、「まぐろの柵」を塩締めしてみました。


生協(ユーコープ)の店で半額で買ってきた、まぐろの柵
これが、半額シールにつられて、生協(ユーコープ)で買ってきた「まぐろの柵」です。消費期限ぎりぎりでした。


まぐろの柵に塩をかける。
1.塩を柵の周りに塩をかけます。塩は、まんべんなくかけます。

2.15分~20分程度、冷蔵庫に入れておきます。

塩をかけてから、15分~20分程度冷蔵庫に入れていたまぐろの柵。水が出ている
3.水分が出てきています。

4.柵を水洗いして、周りの塩分を洗い流します。

5.これを切って、まぐろの刺身の完成です。

感想としましては、柵を切るとき、塩締めしない場合、やや柔らかい感じで端のあたりだと切りにくいのですが、塩占めすると、しっかりしていて切りやすかったです。

味は、刺身がやや塩味になるので、醤油は少しつけるぐらいでも良さそうです。

« 味が良く染みた 厚揚げの煮物(甘め) | トップページ | 「システム開発のための見積りのすべてが分かる本」を読んでみた、感想・書評 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 味が良く染みた 厚揚げの煮物(甘め) | トップページ | 「システム開発のための見積りのすべてが分かる本」を読んでみた、感想・書評 »