« 「グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則」を読んだまとめ | トップページ | コロコロ創刊伝説(1巻)を読んでみた感想 »

2019年9月 3日 (火)

会社組織を毎期変えるような会社は多分と良くないと思う

色々な会社と取引してきて、「この会社」と付き合ってはいけないだろうなと思ったことに、「会社組織をほぼ毎期変えるような会社」と付き合っていいことなかったなと思いますし、今の会社も組織を毎期のようにコロコロ変えています。まぁ、何から上手くいっていないからコロコロ変えているのでしょうけど

取引が無いので分からないですが、急成長しているベンチャー企業とかだったら、当たり前なのかもしれませんし、もちろん小売業や外食業のような業界で店舗の新規開店や閉店や、係程度の小規模の単位での変更は、仕方ないとは思います。

原因と思われることが2つあって、「トップの鶴の一声で決まるワンマン体質」や、「数字を誤魔化すための小細工が多い」ことではないかなと思います。

トップの鶴の一声で決まるワンマン体質

ちょっとでもトップが気に入らないことがあると、「そんな部潰してしまえ!」となって、もうブレーキが効かないという会社。

知っている会社は何れも経営者ないしは経営者一族が会社を牛耳っている会社でした。

一つは「社長に呼ばれたから」「役員から急な仕事を頼まれた」とかで、毎回のように打ち合わせはすっぽかす、取引先の会社よりも社内のトップの方が大切という「上官の事は絶対」のような軍隊体質の会社。
社長が会長に呼び出されて戻ってきたら「今日で会社辞めるから」となったとか。

もう一つは、社長夫人が管理部門の長をやっていて、女帝と化していた会社。打ち合わせをしている横で、課員を呼び出して、報告すれば「このぐらいで報告するな」、報告せずにやれば「報告ぐらいしろ」という始末、お前は「中学校の運動部の先輩か?」というツッコミを心の中で入れていました。それで、その女帝の周りは、「イエスマン」だらけという状態。

どちらの会社もストレスがすごいらしくて、取引先への態度は、「ひどい」の一言でしか表現できません。

 

数字を誤魔化すための小細工

赤字部門があると、とりあえず黒字部門とくっつけて、赤字を誤魔化すという会社。
同じような部門を統廃合するならいいのですが、数字が良くなればいいやみたいな感じで、全然別の製品を作っている部門
と統廃合するから、統廃合後にその製品のことを全然わかっていない上司になったりするから、結局、近いうちまた崩壊します。

それに加えて、こういう会社って経営会議とかに使う資料のための数字を作ったりしているので、表の進捗(経営者に見せる用)
と裏の進捗(実際の数字)があったりしていて、自転車操業をして、別のプロジェクトの予算を先食いしたりして、自転車が漕げなくなると、
倒れて、誤魔化しをするために黒字部門とくっつけることをする。

まとめ(書いてみて思ったこと)

どちらの場合も、社内の風通しは悪くて、決していい会社とは思えないので、就職活動、転職活動する際は、「どのくらいの頻度で、
部や統括グループの再編のような大きな組織改編をしていますか?」と聞いてみるのは一つの指標になるかもしれません。
その答えが「数年~5年おきぐらい」とかだったら普通の会社かもしれないし、「毎期やっている」だったら危険な会社かもしれません。

「数年~5年おきぐらい」って言われたら、「落ち着いて仕事できそうですね」とでも返しておけばいいし、「毎期やっている」とかだったら「随分フットワークが軽いですね」と心にもないことでも言っておけばいいと思っています。

« 「グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則」を読んだまとめ | トップページ | コロコロ創刊伝説(1巻)を読んでみた感想 »

人事・給与・勤怠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則」を読んだまとめ | トップページ | コロコロ創刊伝説(1巻)を読んでみた感想 »