« 写真素材 横浜三塔 | トップページ | ひじきの煮つけの作り方 »

2020年8月16日 (日)

「漫画バビロン 大富豪の教え「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則」を読んで

電車の広告で、ふと気になり、立ち寄った書店で購入しました。

 

「バビロンいちの大金持ち(The Richest Man In Babyron)」を漫画化したものとのことです。
原作を読んだことが無いのですが、2時間程度で読み切ってしまいました。

 

お金の話ですが、投資とか金儲けと言う話ではなく、お金への不安をなくすために。いかに節約して資産を作り、増やし、守るかという基本が書いてあるように思いました。

 

そのための原則が、漫画のストーリに沿って紹介されていく話です。

 

黄金に愛される7つ道具として
1、収入の1/10を貯金せよ
2、欲望に優先順位をつけよ
3、貯えた金に働かせよ
4、危険や天敵から金を堅守せよ
5、より良きところに住め
6、今日から未来の生活に備えよ
7、自分こそを最大の資本にせよ

 

のようなことがことが紹介されており、これらは、以下のように言い換えられると思います。

 

1はお金を貯めるためのルール
2は1を実現するための節約方法(低い優先順位のものは求めない)
3は蓄えるだけなく運用すること。
4は3を行うために注意すること(自分の分からない商いや投資、ギャンブルには注意する)
5は仕事へのモチベーションを保つための住居を得ること
6は将来へそなえることで、お金への不安を払しょくすること
7は己で行動・実践すること

 

これと同じようなことをして、一介の地方公務員を続けて、ある程度の資産を形成したという人を知っているので、あながち間違ったことは書いていないと思います。

 

内容が平易という意見もあるようですが、それは、教科書的な原則が書かれているからでないでしょうか。

 

読みやすいと思いますし、いつもお金の心配をしている自分のような人は読んでも損はないかと思います。

 

hontoへのリンク

 

« 写真素材 横浜三塔 | トップページ | ひじきの煮つけの作り方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事