2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2020年2月 3日 (月)

バッター液で衣をつけたチキンカツ

以前、NHKの「ガッテン!」で、冷めてもサクサクのトンカツというものが、番組に取り上げらていました。

よく、チキンカツを作るので、チキンカツで試してみました。

A0043_20200203081101

材料

  • 鶏むね肉・・・1枚
  • 塩・・・少々
  • 胡椒・・・少々
  • パン粉・・・適量

バッター液(NHK、試してガッテン! から引用)

  • 小麦粉・・・大さじ4
  • 卵・・・1個
  • 水・・・小さじ2

作り方
下準備


1.鶏むね肉をチキンカツにするために、程よい大きさに切る(2枚~3枚に程度にする)
2.1で切った鶏むね肉が平たくなるように棒などで叩く
3.塩・胡椒で下味を片面につける

バッター液の作成と衣をつける
4.材料をダマができないようにまぜる
5.3で下味をつけた、むね肉を両面、バッター液につける
6.鶏むね肉にパン粉を付ける
 
揚げる
7.油を180℃に熱して、そこに6でパン粉をつけた鶏むね肉を入れる
8.両面揚げて、中まで火が通ったら、油からあげる

 

食べてみて、確かに冷めてもサクサクしていておいしかったです。

2019年6月12日 (水)

節約料理 人参と玉ねぎのかき揚げ

人参と玉ねぎのかき揚げ
かき揚げとか天ぷらはお金のないときに少ない食材で、沢山作れる節約料理だと思います。
特に、野菜のかき揚げは、野菜自体がそんなに高くないこともあり、特に節約ができるかと思います。

人参と玉ねぎのかき揚げですが、どちらも3個で99円(一個当たり33円)ぐらいのものを買っていますので、2人分ですが、野菜だけで50円ぐらい、それに卵・小麦粉・片栗粉・油などをどんなに多く考えても100円には届かないと思います。(1人当たり50円を超えない)

難点は、ちょっと調理時間がかかることと、油者ですので片付けが大変なことでしょうか?

材料

  • 人参・・・1/2本
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 小麦粉・・・大さじ4~5杯程度
  • 片栗粉・・・大さじ1.5~2杯
  • 卵・・・1個
  • 水・・・ 20cc
  • サラダ油・・・フライパンに2~3cm程度

作り方

  1. 人参を細切りにする
  2. 玉ねぎは皮をむき、繊維に沿って1cm程度に切る
  3. 小麦粉・片栗粉・卵をボウル混ぜ、水を加えて衣を作る
  4. 3の衣に人参・玉ねぎを混ぜる、衣が足りない場合は、小麦粉・片栗粉を適宜追加する
  5. フライパンに油を張り、箸や串を突き立てて、周りが泡立つようになったら、ボウルから、適当な量をつまんで油に入れる
  6. 最初は強火にして、焦げる前に火を弱火程度にする
  7. 片面が揚がったら、ひっくり返してもう片面を揚げる。茶色くなる前にフライパンから取り出す

 

2019年5月 5日 (日)

キャベツときのこのバター炒め

キャベツときのこのバター炒め

キャベツの中心に近い葉と、きのこ(エリンギ、ぶなしめじ)をバターで炒めたものです。

材料

  • キャベツの中心部分…4~6枚程度(葉の大きさによる)

  • エリンギ…2本

  • ぶなしめじ…1パック

  • にんにく…ひとかけら(すりおろす)

  • バター…大さじ2杯

  • 粉チーズ…大さじ3~4杯

  • 調味料
    塩…2つまみぐらい
    酒…大さじ1杯

作り方

  1. キャベツは水洗いして、芯をとり、適当(2cmぐらい)にざく切りする

  2. エリンギは、お好みの大きさに切る。ぶなしめじは根元を切り落として、適当に分ける

  3. にんにくをすりおろす

  4. バターをフライパンに載せる。この時、フライパンは熱しておかない

  5. フライパンに火をかけて、バターが溶け始めたらキャベツを入れて炒める

  6. キャベツが多少柔らかくなったら、エリンギとぶなしめじを入れて炒める

  7. 全体にバターが回ったら、調味料(塩、酒)を入れて混ぜる

  8. 粉チーズを振りかける

2019年2月26日 (火)

「まぐろの柵」を塩締めしてみる

まぐろの柵を塩締めして、刺身にした例。食べてみるとやや塩味であるが、余計な水気は抜けている

知り合いに教えてもらった方法で、「まぐろの柵」を塩締めしてみました。


生協(ユーコープ)の店で半額で買ってきた、まぐろの柵
これが、半額シールにつられて、生協(ユーコープ)で買ってきた「まぐろの柵」です。消費期限ぎりぎりでした。


まぐろの柵に塩をかける。
1.塩を柵の周りに塩をかけます。塩は、まんべんなくかけます。

2.15分~20分程度、冷蔵庫に入れておきます。

塩をかけてから、15分~20分程度冷蔵庫に入れていたまぐろの柵。水が出ている
3.水分が出てきています。

4.柵を水洗いして、周りの塩分を洗い流します。

5.これを切って、まぐろの刺身の完成です。

感想としましては、柵を切るとき、塩締めしない場合、やや柔らかい感じで端のあたりだと切りにくいのですが、塩占めすると、しっかりしていて切りやすかったです。

味は、刺身がやや塩味になるので、醤油は少しつけるぐらいでも良さそうです。

2019年2月19日 (火)

味が良く染みた 厚揚げの煮物(甘め)

甘めの味付けで、良く味が染みている厚揚げの煮物

油抜きと、おとし蓋で味が良く染み込ませた、厚揚げの煮物です。
味は、甘めです。

材料
厚揚げ(1枚190g)2枚

1回目味付け時
・水    200cc
・だしの素 小さじ 1杯
・みりん  中さじ 3~4杯
・日本酒  中さじ 3~4杯
・ざらめ  中さじ 大もり1杯
・砂糖   中さじ 山盛りにならない程度に1杯

2回目味付け時
・しょうゆ 中さじ 3~4杯
・昆布つゆ 中さじ 3~4杯

1.鍋に水を入れて、沸騰させてから、厚揚げを入れて、3分煮込む
厚揚げの油抜き。これをやると味が良く染みる

2.厚揚げをざるにあげて、水気を切る

3.厚揚げを切って、鍋に並べる。※できるだけ味が染みるように細かく切る
厚揚げを鍋に入れ、調味料をいれた状態

4.鍋に「1回目味付け時」の水・調味料を入れて、7分煮る。煮るときに、落し蓋をする。
厚揚げに味が良く染みるように、落とし蓋をする

5.7分経ったところで、「2回目味付け時」の調味料を入れて、更に煮込む。

6.汁が無くなったら、火を止めて5分待ってから、鍋から取り出す。
 ※おとし蓋をしているので、5の手順が済んでからは、こまめに、おとし蓋をずらして、確認しないと焦げてしまいます。

2019年2月 4日 (月)

マカロニグラタン(ホワイトソースはバター・牛乳・小麦粉のみ)のレシピ

牛乳、バター、小麦粉のみで作ったホワイトソースで作ったマカロニグラタン

我が家で作られてきた、マカロニグラタンの作り方です。20年近く作っていなかったので、作り方が分からなくなってロストテクノロジーと化していましたが、数回の試行の末、作り方を再現できたので、再び分からなくならないように自分のためにもまとめておきます。

特徴は、ホワイトソースがバター・牛乳・小麦粉と塩少々のみで、作るため、材料が比較的簡単にそろいます。味は、素朴な味わいかと思います。

材料(2人分~3人分)
マカロニ 50g
パン粉(細目)   小さじ3杯

ホワイトソース(牛乳、バター、小麦粉のみ)
・小麦粉 60g
・バター 60g
・牛乳    500cc
・塩   少将(3つかみ程度)

※材料ではないですが、皿に塗るための「サラダ油」と食べる前の「ソース」も準備が必要です。

1.マカロニの茹で方

1.マカロニを鍋で茹でます。茹で方は、購入したマカロニの方法に沿ります。

2.茹でている間、鍋の底にマカロニがついてしまうことがあるので、箸などで、かき混ぜます。

3.所定の茹で時間になったら、ざるに出して湯を切ります。

2.ホワイトソースの作りかた

1.鍋にバターを入れて、中火にかけておおよそ溶かします。
ホワイトソースの作り方。バターを鍋に入れ、熱して溶かす

2.小麦粉を入れて、溶けたバターと混ぜて小麦粉を炒めます。
ホワイトソースの作り方。溶けたバターに、小麦粉を入れて炒める。

3.バターと小麦粉が混ざったら、牛乳を加えていきます。まず400cc入れて、だまにならないように、「しゃもじ」で混ぜていきます。
ホワイトソースの作り方。牛乳を加える

4.混ぜていくうちに、とろみがついて固くなってくるので、牛乳を100cc加えて、混ぜて、とろみがついて、かつ柔らかくなったら(マカロニを和えられそうなぐらい)完成です。

4.マカロニグラタンをつくる

1.ホワイトソースを作った鍋に、茹でたマカロニを入れて、和えます。
ホワイトソースに、マカロニを加えて、和える。

2.マカロニを盛る皿にキッチンペーパーに染みさせたサラダ油を塗ります。

2.1のマカロニを皿に盛って、パン粉を小さじ1杯から1.5杯程度振りかけます。
マカロニを皿に盛り、パン粉を振りかける。

3.電子レンジ(500W)のトースター機能で、8分程度焼きます。焼けたら、食べる前にソースをかけます。
 ※オーブンなどがあれば、そちらで焼いた方が、焼き目がついたりしておいしいかと思います。(焼き時間は、使用する機器によって変わるかと思います)

2019年2月 1日 (金)

格安 キャベツとニンジンともやしの炒め物 レシピ

ニンジンとキャベツが微妙に残っており、何とか料理しないと、腐ってしまいそうでしたので、「もやし」を買ってきて、格安な炒め物を作りました。(2人分)
A0031_1

多分、全部合わせても材料費が2人分で100円を切る格安料理です。

材料
キャベツ…中心部に近い細かい葉(7~8枚程度?適当)
ニンジン…1/2
もやし…1袋(200g)
卵…1個
ごま油…大さじ1(フライパンにひける程度)

調味料
・塩…少々(手で軽く持って、3回かける程度)
・コショウ…少々(3~4振り程度)
・昆布つゆ…大さじ2.5杯

作り方
1.キャベツとニンジン、もやしを水洗いします。

2.ニンジンは千切りにします。

3.キャベツは、大きめに切ります。
A0031_2

4.フライパンにごま油をひいて、熱くなってきたらニンジンを炒めます。
A0031_4

5.ニンジンが柔らかくなってきたら、もやしとキャベツを炒めます。

6.もやしとキャベツが、多少柔らかくなってきたら、調味料を入れて混ぜます。

7.全体に調味料が混ざったら、溶いた卵を入れて、混ぜます。卵が固まったら、完成です。
A0031_5

2019年1月27日 (日)

簡単 玉ねぎの卵とじの作り方(レシピ)

親戚から玉ねぎをたくさんもらって、何を作ろうか思案していたところ、特売で買った卵があったので、玉ねぎの卵とじ(カツ丼からカツを取り除いたようなもの)を作りました。
カツ丼の具合で作ると味が濃くなりそうでしたので、調味料を調整して作ってみました。
A0030_5
材料
卵 2個
玉ねぎ 1個
水 350cc(玉ねぎが鍋につかる程度)
以下、調味料
・だしの素 小さじ2

・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ1.5

1.玉ねぎを半分に切り、繊維に沿って1cm程度で切る
A0030_1

2.水を鍋に入れて、玉ねぎを入れ、強火で煮る

3.玉ねぎが柔らかくなり、透明になってきたら調味料を入れて、混ぜて中火にする

A0030_2

4.しばらく煮て、玉ねぎに色がついてきたら、卵を入れる。卵は、予め溶いておく
A0030_3
A0030_4
5.卵が固まって、水分がある程度減ってくるまで煮て完成。

2019年1月19日 (土)

けいきゅんの「カステラまんじゅう」を食べてみた感想

京急の駅の売店(セブン-イレブン京急ST)に、けいきゅんの「カステラまんじゅう」というお菓子が並んでいていて、8個入りで値段も540円(税込み)と手ごろだったため、買ってみました。

A0028_1
(パッケージ 8個カステラまんじゅうが入っています)

A0028_2
(けいきゅん カステラまんじゅう)

餡は「こしあん」で、カステラを含めて、甘さは強くなくさっぱりとしていますので、食べやすいです。

三種類の絵柄が入っており、写真で上が「けいきゅん」、下左が「京急電鉄社紋」、下右が、京急(当時は大師電気鉄道)開業時の駅「川崎大師駅のナンバリング」となります。


「けいきゅん」って何?というと、京急のマスコットキャラクターで京急の車両をモチーフにしたキャラクターです。2018年10月21日に7歳のお誕生日を迎えたのを記念して販売されました。

発売箇所は下記の通りで、駅の売店で購入できますので、ちょっとしたお土産にいいかもしれません。

  1. セブン-イレブン京急ST ※一部店舗を除く
  2. 京急ステーションストア8店舗
    (六郷土手店、鶴見市場店、井土ヶ谷店、屛風浦店、新逗子店、堀ノ内店、新大津店、北久里浜店)
  3. おとどけいきゅう鮫洲店、おとどけいきゅうプラス横浜港大さん橋店

味が良く染みた鶏の唐揚げの作り方(レシピ)

鶏もも肉の唐揚げの作り方(レシピ)です。

A0029_5

下味をつけたりするので、時間はかかりますが、良く味が肉に染みていておいしいです。
材料
鶏もも肉…300g~350g
酒…大さじ1杯
醤油…大さじ2杯
小麦粉…肉にまぶせる程度(大さじ 2~3杯)
サラダ油…フライパンに2~3cm程度
作り方(レシピ)
1.
鶏もも肉を唐揚げに揚げるためのサイズに切ります。このとき、脂身は取ってしまいます。
(唐揚げ用に切ってあるものだったら、そのまま使います)
2.
下味をつけるため、酒・醤油を混ぜます。その中に、1.で切った鶏もも肉を入れます。
ときどき、味が活き渡るように、さじで、肉を混ぜます。(2~3時間程度つけます)
A0029_1
3.
肉をざるに上げて、余分な酒・醤油を落とします。
A0029_3
4.
サラダ油を2cm~3cm程度、フライパンに注ぎます。
5.
油が煮立ってきたら(油の中に箸を立ててみて泡が出てきたらを目安にしています)、もも肉を入れます。
6.
最初強火にして、もも肉がフライパンの中を流動するように、箸で動かします。
A0029_4
7.
肉の周りが、白く固まってきたら弱火~中火にして、ひっくり返します。ひっくり返した後、暫く揚げてから、フライパンから取り出し、キッチンペーパを引いた上に置き、油を切って完成です。