2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2019年7月 5日 (金)

うわっ・・・、我が家の再生可能エネルギー発電促進賦課金、高過ぎ・・・?

タイトルは、昔みかけた、転職サイトの広告のパロディです。

また、最後の方に「電気料金の安くなるように見直しをしましょう」とか「太陽光パネルを設置しましょう」みたいリンクはつけていません。

東京電力からの電気ご使用量のお知らせ(抜粋)
家計簿をつけている際に、東京電力からの「電気ご使用料のお知らせ」に、「再エネ発電賦課金」なる項目で、実に請求予定金額の1割以上を占めていることに毎度の事ながら「高いな~」とため息がでてしまいます。

請求額 5,622円に対して、「再エネ発電賦課金」が590円となっていて、なかなかバカにならない金額です。
しかも、従量制だと下記のような計算式で算出されるため、電気使用量が多いときだと、この金額も増えていくということになります。

再エネ発電賦課金=電気使用料(kwh)×再生可能エネルギー発電賦課金単価

この「再エネ発電賦課金」という項目ですが、正式名称は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という項目です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、再生可能エネルギーの固定買取制度(FIT)を維持するための費用を負担するものになります。

再生可能エネルギーの固定買取制度(FIT)は再生可能エネルギー(太陽光、風力、地熱、バイオマス等)で発電した電気を一定価格で電力会社に買い取らせて、再生可能エネルギーを普及させようという制度です。一定価格で高く買った分の金額を契約者に負担させるということで、徴収されているものになります。

これについて、電力会社が勝手に余計にカネを巻き上げているというわけではありません。だって、国が決めた制度でなんですから。

「再生可能エネルギー発電賦課金単価」は年々上がっており(下記表参考)、家計への負担は大きくなっています。

従量制 再生可能エネルギー発電賦課金単価

期間 円/kWh
2012/8~2013/4 0.22
2013/5~2014/4 0.35
2014/5~2015/4 0.75
2015/5~2016/4 1.58
2016/5~2017/4 2.25
2017/5~2018/4 2.64
2018/5~2019/4 2.9
2019/5~2020/4 2.95

経済産業省も、この制度の見直しを検討しているようですが、既に認定されいる事業者は継続になるでしょうから、今後も負担は続きそうです。

また、この制度でおきた「太陽光バブル」のせいで、「太陽光パネル」が森林伐採(環境破壊)されて設置されたり、九州・北海道に偏っていたり、負の側面がこの頃、話題になっています。

近い将来には「太陽光パネル」の廃棄問題が出てくるのでしょうか。
太陽光パネルは、鉛やカドニウムといった、有害物質が含まれているので、安易に廃棄されるととても環境に優しくない代物です。

この制度を作ったときの民主党政権(総理大臣は菅直人氏)であることと、ソフトバンクの孫正義氏が、露骨にこの制度に関わって、固定買い取り価格が高額になったことは、忘れてないですよ。
(ソフトバンクがメガソーラーを作ったから、「忖度」というか「癒着」というか)

再生可能エネルギーでの発電については、発電方法の多角化につながるので、賛成ですが、度が過ぎると良くないと思うし、100%再生可能エネルギーで賄うというのはとても危険と思うので、いかに安定的な発電方法と併せて使うかということになるかなと思います。

2019年5月21日 (火)

住宅用火災報知器の更新時期と動作テストについて

住宅用火災警報器は、設置10年を目安で交換が望ましいとされています。
一般社団法人 日本火災報知機工業会のページにも載っています。

電子部品の劣化や、電池切れで、検知できなくなる危険性が高くなってくるようです。

2006年の消防法の改正で、設置の義務がなかった住宅でも住宅用火災警報器の設置が義務化されてます。義務化前に建てた住宅にも設置する必要が生じて、最短で2008年5月、遅くとも2011年5月までに設置することなっていました。

ちょうど既存住宅への義務化から、調度10年程度経った頃なので、そろそろ買い替えないといけません。

我が家も2008年~2009年頃にかけて、設置したので、更新時期に入っています。

火災報知器のテスト
(火災報知器のテスト)

まだ、10年経っていなくても、経年での劣化は、あるかもしれませんので、ときどき動作テストは行った方が安全だと思います。上の写真の火災報知器は、柱の高い所にあって、背伸びをしたり、踏み台を持ってこないとテストできず、大変ですが、テストボタンなどを押して反応するかを見た方が良いかと思います。

↓(photolibraryでフォトストックを始めましたので、ここで宣伝しておきます。もし写真が欲しいという方はどうぞ。)

住宅用火災警報器の動作テスト - photolibrary @おおね

S ¥ 324 M ¥ 540
L ¥ 1080
お気に入りに追加

2018年8月31日 (金)

「ダニ捕りロボ」「ダニ捕りマット」を使ってみた感想

今夏、家の寝室でダニが発生したらしく、ダニにボコボコに刺されることになってしまいました。

色々調べてみると、人間を刺すのはツメダニで、このダニは、チリダニを捕食するダニということで、するとチリダニも多数いるのでは、ということで、駆除を始めましたが、「布団干し」も「掃除機」も効果が無い状態でした。

※チリダニの死骸やフンは、アレルゲンの原因になるダニ

また、殺虫剤の散布は、「散布後に具合が悪くなった」ということを聞いたので、極力避けようと考えました。

そうこうしているうちに、日革研究所のページにたどり着き、「ダニ捕りロボ」「ダニ捕りマット」という製品を見つけ、やや高めの値段でしたが、下記の点で優れていると考え、購入しました。

長所!
誘引剤で、ダニを製品内部に誘い込み、乾燥死させて、内部に閉じ込める。そして、化学薬品は使っていないので、人体への影響はない。

ダニは、殺しても死体を掃除しないと、アレルギーの原因になってしまうので、製品内部に誘い込むというのも手間が省けると考えました。

A0001
(ダニ捕りロボ)

A0002
(ダニ捕りマット)

寝室の布団の下に、「ダニ捕りロボ」を置き、今の絨毯の下に「ダニ捕りマット」を設置してみました。誘引剤は、ちょっと甘酸っぱいような臭いがします。また、「ダニ捕りマット」を設置した箇所の絨毯がやや持ち上がっているのが、時々、気になる程度で、何か支障があるわけではないです。

使ってみたところ、即効性はないですが、徐々にダニに刺されることが少なくなり、設置から数日も経つと刺されなくなりました。

効能は、3か月ですので、その間に刺されることがなくなればよいなと思います。

追記

3か月使ってみましたが、刺されなくなった以降、再び刺されることがなくなったので、効果は「十分にあった」のだと思います。

更に追記

3か月を過ぎた頃から、また刺されるようになりました。3か月を過ぎると効果は落ちるようなので、定期的に買いなおした方が良さそうです。

下記のバナーから商品の詳細な説明と定期購入などが行えます。


 

以下、東急ハンズの販売サイトへリンクしています。

・ダニ捕りマット

・ダニ捕りロボ ラージサイズ

・ダニ捕りロボ レギュラーサイズ

・ダニ捕りロボ 詰替用誘引マット ラージサイズ 2枚組

ニッケン ダニ捕りロボ 詰替用誘引マット レギュラーサイズ 3枚組