2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

学問・資格

2019年3月18日 (月)

勉強開始から約2か月で日商簿記 3級に合格

第151回(2019年02月24日実施)日商簿記3級に合格しました。そう書くと「本当か?」という疑いをもたれるかもしれないので、成績照会サイトのキャプチャを貼っておきます。
日商簿記3級 成績照会サイトのキャプチャ 94点で合格

成績は下記の通りで、90点を超える点数を取れるとは思いませんでした。
問1 16/20
問2 10/10
問3 30/30
問4  8/10
問5 30/30
合計 94/100

簿記は、ほぼ素人同然でした。どのくらい素人かと言うと

  • 損益計算書、貸借対照表と言われても、分からない
  • 借方、貸方と言われてもよく分かっていない

日商簿記1級を持っている人から、「簿記3級は持っておいた方が良い」と言われて、取ることにしました。
どう、勉強すれば良いかについても、分からない状態だったので、それについてもいて、聞いて試験勉強を始めました。

勉強方法)
TACの講座がお勧めと紹介されて、「日商簿記3級」の講座を受講しました。Web講座を選択しましたが、もっと早い時期から勉強を開始出来たり、時間が取りやすい方だったら、教室講座や通学のでDVD講座を選択した方が、通学する時間が取れる人は、モチベーション維持のため、これらの受講形態を選んだ方が良いかもしれません。
試験まで、2ヶ月ぐらいの時期に申し込んだので、土日にまとめて勉強するような形でした。以下流れを書きますと

  1. Webで講義を受講して、教科書「合格テキスト 日商簿記3級」の勉強進めます。
  2. 次の講義を受ける前に問題集「合格トレーニング 日商簿記3級」を解いていき、次の回の講義を受ける
  3. ダウンロードできる補助プリントに前回の講義内容の復習になるミニテストがありましたので解いていきました。(1へ戻る)
  4. 全ての回の講義を受けた後に、同封されていた実力問題を何も見ないで解いて、添削してもらいました。
  5. 1~4だけだと、実戦(試験)慣れしていないと考え、過去問題集「合格するための過去問題集 日商簿記3級」を購入して、試験と同様の時間で、問題を解いて実戦感覚を磨きました。

TACの講座の良かった点として、やはり講師の方の説明を聞いて勉強できることで、独学では得られない情報や、難しいところをわかりやすく説明してもらえて、良かったです。補助教材やミニテストなども、ダウンロードして印刷できて、勉強する上で役立ちました。

また、問題集「合格トレーニング 日商簿記3級」と過去問題集「合格するための過去問題集 日商簿記3級」については、TACのサポートページから、解答用紙がダウンロードできるので、これを印刷して使えば、書籍に書き込まずに、繰り返し問題を解けます。